症状

こころの不調のサイン

とても残念なことに、こころの不調は、誰にでも起こりえます。人によって、症状が変わりますが、どのような症状があるのかリストアップします。あまりにつらいようでしたら、専門医などに相談することをお勧めします

こころの不調のサイン

こころの不調のサインとなる症状・行動には、パフォーマンスの低下、勤務状況の悪化、職場トラブルなど、次のようなものが該当します。本人が気が付いていないことも多いですので、周囲がこれまでと異なる状況に気づいてあげることも大切です。

分類症状・行動
作業効率・
生産性
自己やミスが多くなる
業務の結果がなかなか出てこない
締め切りまでに仕事が終わらない
仕事の様子席を外していることが多い
そわそわして落ち着かない
ボーっとしている、ぼんやりしていることが多い
勤務態度無断欠勤、遅刻、早退、病欠が多くなる
休前日・休日後に欠勤が多い
残業、休日出勤が不釣り合いに増える
身体状況
・表情
顔色が悪い、表情が乏しい、生気がない
気分が沈む
急に体重の増減がある
疲労感、倦怠感、不眠、夜中に何度も起きる
何も食べたくない、食事がおいしくない
意味もなく不安になる
何度も確かめないと気がすまない
胸がどきどきする、息苦しい
身体に不自然な傷がある
言動身だしなみや態度がだらしなくなる
終始何か考えていて、せかせか、イライラしている
投げやりになる
口数が極端に変化(増減)する
泣き言を言ったり、退職をほのめかす
対人関係つきあいが悪くなる
周囲に対して疑い深くなったり、被害妄想的になる
人を避ける、人の視線を怖がる
報告や相談の会話がなくなる・過剰に増える
些細なことで他人に八つ当たりする、攻撃的になる
問題行動飲酒量が増える
ギャンブル、衝動買い、過食、借金、異性トラブルが頻発する

また、代表的なメンタル疾患である「うつ病」「躁病」「統合失調症」では、次のような初期症状がみられます。

メンタル疾患初期症状
うつ病眠れなくなる
食欲がなくなる
体重が減る
表情が乏しくなる
口数が少なくなる
笑わなくなる
ぼんやりしている
いつも考え込むようになる
自信をなくす
仕事や作業の効率が落ちる
遅刻や欠勤が増える
躁(そう)病極端に明るくなる
眠らなくても活動的である
早口で口数が多くなる
誇大的な言動が増える
浪費や借金をする
統合失調症陰口を言われている・うわさをされていると言う
盗聴・備考・監視されていると言う
ひとり言を言う
人がいないのに声が聞こえると言う
誰かに嫌がらせをされていると言う
人に見られているという

-症状

© 2020 Priart